ロングホーズ

ないがしろにされてしまうアイテムですが、あるフランス映画を見ていたらこんなセリフがありました。

「おいおい、ツイードに絹(シルク)の靴下とはおかしな格好だな」

足を組んだ瞬間にいわれたセリフでした。西洋の人たちは決して手を抜かないアイテムです。

ソックスというのは「短い靴下」という意味であり、「ハイソックス」という言葉は和製英語です。海外では膝下まである長い靴下を「ホーズ」といいます。特に、クラシックなスーツスタイルにはなくてはならない存在です。
また、靴下はたるんでいてもいけません。英国では、靴下がたるんだ奴に立派な奴がいるはずがないという見方もあり、「Pull up your socks
」で「ふんどしを締めてかかれ」という意味になります。

ロングホーズ<ロングホーズ>

靴下はトラウザーズと靴の接続部分であり、ここはスムーズにつなげ、違和感を感じさせてはいけません。靴下がたるんでいる、素肌が見えてしまっているということは、靴とトラウザーズの連結がうまくできていないということなのです。全体の調和を乱し、そこに無駄な視線を奪ってしまうことになります。

ブランドマーク(正式にはスイス・クロックといいます)のついた靴下でも同じことが言えるのですが、洒落者はわざわざブランドをPRするようなアイテムは選びません。
スーツに合わせるようでしたら、無地のダークカラーで、シンプルな物を選びます。色柄もあまり凝った物はビジネスウェア向きではありません。
色味としては、トラウザーズと靴の色を足して2で割った色がいいです。多くの人のワードローブはネイビーかグレーのスーツ、靴は黒か茶がほとんどであると思いますので、色はダークグレー、ダークネイビー、ダークブラウンの中で揃えるといいでしょう。

残念なことに日本ではホーズが売っているお店は少なく、ホーズという言葉すら知らない店員もいるほどです。一部の意識の高い百貨店や、最近ではAmazonでも販売しています。気に入った物が見つかりましたら、同じ色柄でダース、半ダース単位で購入する事をおすすめします。もし片方穴が空いても、一足まとめて捨てずにすむので経済的です。ドレッシーなホーズは薄手の物が多いので、なおさら足数が必要でしょう。

次ページ → ディナージャケット(タキシード)

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です