カフスの歴史

現在主流となっているカフリンクスは1930年以降に一般化したもので、それ以前は細いチェーンが使われている物が主流でした。両面に同じデザインが施されているチェーンタイプのカフリンクスがクラシックです。

カフリンクス仕様のカフスは、「シングル・カフス」と「ダブル・カフス」の2種類あります。
正しくは「シングル・カフス」を「バレル・カフ」と呼び、「ダブル・カフス」は「フレンチ・カフ」と呼びます。「樽型の袖口」に対して、「フランス式の袖口」というわけです。しかし、英語で“フレンチ”という言葉が付くデザインには、あまりよい表現がないというのはなんとも皮肉な話です。「ダブル・カフス」がフォーマルだと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実はシングル・カフスのほうがよりドレッシーなシャツなのです。

<ダブルカフス>

昔のシャツは、襟とカフスを取り外しできる”デタッチャブル式”が基本で、そのときの襟とカフスは下敷きのように固いものでした。そのため、折り曲げることはできず、カフリンクスを通すだけで十分なハリが出ていたのです。
しかし時代の流れで、ハード・カラーのシャツがソフト・カラーへと変化していき、シングル・カフでは心細さを感じるほどまで柔らかくなったシャツに、カフスを二重に折り曲げることで、適度な固さと重厚感を残したデザインが、ダブル・カフスの始まりなのです。これがおよそ1850年以降からだと考えられています。つまりダブル・カフスは略式デザインのため、皮肉めいた「フレンチ・カフ」という呼び名をイギリス人はつけたのでしょう。いつの時代も隣国同士はあまり仲がよくないように、ファッションの歴史を知るうえでも、イギリスとフランスの仲を知っておくと、これまた面白いものです。

見た目の印象ですと、ダブル・カフスは重厚感、風格を感じさせ、重役など上の立場の人がしていると、説得力が倍加するような印象を与えます。新人がダブル・カフスをしていると、上司に冷たい目で見られる可能性もあるでしょう。しかし、唯一男のフォーマルクロージングで光らせることができる箇所が袖口のカフリンクスであるように、ぜひとも若いうちから物おじせずに挑戦していただきたいアイテムのひとつでもあります。
また、ダブル・カフスシャツを嫌味なく着るのは、かなり難しいです。着こなしが確立されている人が少ない日本では、単純にビジュアルが格好いいという理由だけで、ダブル・カフスを選ぶ人が多いですが、これはあまりいいとは言えません。
まず、日本にはセンスのいいカフリンクスが非常に少ないです。高級ブランドのネームバリューだけでカフリンクスを選ぶようでは、ダブル・カフスをスマートに着こなすことはできないでしょう。どこかの蚤の市で買ってきたような、主張を避けている物をさらっと着けている方がわたしは格好いいと思います。ダブル・カフスは、クラシックをこよなく愛し、全体のコーディネイトをしっかりとこなせる人が、初めて“粋”に着こなせるものです。

もうひとつ気をつけていただきたいのは、カフスとボタンを両方つけることができるシャツは選ばないようにしましょう。カフス両用シャツとして既製品でよく見かけますが、そもそも、カフスをつけるような思想の人が、両方選べる仕様にするという発想が、本来ありえないからです。
もし購入したシャツにカフス穴が空いていて、カフリンクスを1つでもお持ちでしたら、ボタンを取ってしまうことをオススメします。

また、既製シャツではよくありますが、シャツの袖口のボタンが2つ並列(アジャストボタン)してあり、サイズ調整ができるように並んでいる物。このディテールも一見しただけで、既成のシャツだということを知らせる仕様になります。前の項目に書いたように、時計を着けるから片方のみアジャストにする、くらいのストーリーがないと、説得力がなくなってしまいます。

次ページ → ボタンダウン・シャツの誕生

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です