日本のフォーマルウェアの現状


国民のスーツ着用率が世界で一番多いのは、なんとこの日本なのです。それは、日本人がスーツをビジネスとしてではなく、制服の延長線のような気持ちで捉えているからだと思います。着なければいけないという気持ちでいては、愉しく、正しい着こなしを学ぶ機会を失ってしまうでしょう。

餅は餅屋という言葉があるように、テーラーやショップスタッフは、御用聞きではなくプロフェッショナルです。お客様より知識もあり、より鮮明にイメージをつくりあげることができる人たちです。プロはお客様の話をしっかりヒアリングし、見合ったものをつくりあげていくことができます。そういった由来から、「Bespokeビスポーク(日本で言うオーダーメイド)」という言葉が生まれました。「Be-spoken=話し合って作るもの」という言葉が、ひとつになりできた造語です。
日本では、ビスポークとオーダーメイドが同義語のように扱われていますが、実は根本の発想が全く違います。
ビスポークとは、”互いに話し合い”、1つの物を作り上げていくことをいいます。オーダーメイドとは、お客様が店側に”オーダーをして”、作ってもらう(メイド)ことをいいます。一見同じように感じますが、考え方は全く違うものなのです。
昔の人たちは、上司や目上の人から知識を教えてもらう機会があったため、お店の人は御用聞きスタイルでも問題はありませんでした。 しかしお客様が正しい知識を学ぶ機会を失ってしまった現代、雑誌で見た不確定な知識しかない、という人が増えたように思います。自由気ままに選んで誂えたスーツが、素晴らしいクオリティになるとはあまり考えられないでしょう。昔から続く日本の御用聞きスタイルの売り方では、残念ながらよいスーツは生まれにくい時代になってきていると思います。

余談ですがわたしがイギリスにいたころ、知り合いのテーラーが、「なぜ日本のテーラーはあんなに無口なんだ?」と話していたのを思い出しました。テーラー自らが先導して提案していくヨーロッパは、店側のスタンスに合わない偏ったこだわりは受けないというプライドをもっています。そのため、生地選びからデザインまで、店側が先導して提案していくのです。自分は何をするべきかを追求している証だと思います。
もし多くを知っていたとしても、それは一度おいてみて、まずはプロにゆだねてみるのはいかがでしょうか。

日本ではここ数年前から、わかりやすいデザインスーツが多く見受けられます。「ボタンや裏地が妙に派手」、「袖の切羽(袖ボタンの縫い糸)の色が変わっている」というようなものです。
若い間はパッと見て華やかなのでいいかもしれません(わたしは決して作りませんが..)。しかしある程度人生経験を重ねてきた人が、このようなデザインスーツを着ているのを見かけると、大人としての深みを感じられないと思うのはわたしだけでしょうか。
味わい深い男性たちはみな、早い年頃からスタンダードを学び、それを礎に年輪をかさねていくことで、ほかとは一線を画す魅力的な男になっていきます。若いうちに真の洋服とは何かを考えずに、表面的な格好よさを追い求めた洋服にお金と時間を浪費していまっていては、味のある男になるのは難しいでしょう。それに気がついたときから、“男っぷり貯金”をするつもりで、日々の装いを意識してみてください。

スーツ着用率の高い日本では、「肩幅がぴったり」で、「ウエストのシェイプが綺麗に出ていて」、「お尻がしっかり隠れる着丈の長さ」である時点で、街中ではいい意味で”違和感”が生まれます。つまりそのレベルまでのスーツを着ていれば、それ以上の装飾は必要ないのです。
わたしの好みではありませんが、そういったスタイルを好む方もいらっしゃいます。自らの趣向と近いテーラーとつきあうのがいいでしょう。

次ページ → 洒落者になるためには

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です