雨の日の対処法

水に濡れた場合は、適切な対応をしないと後々取り返しのつかないことになりかねません。突然の雨に降られたときの対処法をお伝えします。

雨の日は出かける前に防水スプレーを吹きかけ、弱い雨を防ぐ膜を作ります。そして帰宅後には表面の雨を払い、シューツリーではなく、足形に形作った新聞紙を中にしっかりと詰めてください。雨に濡れた場合は中の水気を取る必要があるため、シューツリーよりも新聞紙のほうが吸湿性がありオススメです。シューツリーは完全に乾ききってから入れます。そして革底からも水気を抜くため、床には置かず、壁に立てかけておきましょう。

水に触れると靴の油分が抜けてしまい、乾ききってしまうと革は乾燥してひび割れの原因を起こしてしまいます。そのために、完全に乾ききる前にクリームを入れ、乾燥を防ぐ必要があります。
濡れた状態で放っておくと、雨粒がシミになってしまいます。全体に水分を行きわたらせるために、わたしは帰宅後、しっかりとレザーバームローションを入れ込んでいます。

濡れた状態では下駄箱にしまわず、しっかりと水分を抜き、クリームを入れた後にしまいましょう。
放っておくと夏の場合、2,3日で
カビが発生してしまうということもありますので、十分にお気をつけください。

最近、裸足で革靴を履く方がいますが、これは革靴にとっては大変よくないことです。靴下は足の汗を吸収する役割を担っています。素足のままですと、足のかいた汗が直に靴に吸収されてしまうため、靴の痛みも早くなります。何より臭いも出やすくなり、清潔ではありません。 

次ページ → 靴の中の手入れも忘れずに

 
 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

http://berun.jp/
Facebook
◆Tel : 03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です