はじめに

この文章は元々、お客様にのみお渡しする冊子を作る目的で書き始めました。大々的にお見せすることを考慮しなかったので、ときには偏った意見も出てきます。だからこそ、わたしなりの意見をしっかりと伝えることができたと思っております。
この文章を読みきり、腑におとしたうえでしっかりと実行すれば、メンズフォーマルのきほんの“き”は理解したと、胸を張っていいほどの内容になっていると自負できます。

洋装の着こなしは男性が先進国で生きていく上で、必要とされないときはありません。日本に男性として生まれた以上、必ずスーツを着なければいけないときがやってきます。そしてそれは、年を重ねれば重ねるほど、ないがしろにはできなくなっていきます。何を見て何を着てきたか、それがその人となりと表します。

スーツの正しい着こなし方を覚えてしまえば、一生困ることはありません。着こなしはすべて方程式で形作られており、コツとツボをおさえてしまえば、難しいことはなにひとつないのです。ただ、それらを教えてくれる環境がないだけです。この文章を読まれたみなさまには、ぜひそのコツとツボを知っていただきたいと思います。

スーツの基本を身につけ、「スーツの着こなしといえばあなた」とよばれることが、確立されることを願ってやみません。

BERUN 竹内大途  

次ページ → 洋服の哲学

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です