男の三原色

前述しましたように、この世には「男の三原色」と呼ばれる色があります。
それが「ネイビー・グレー・ブラウン」です。
日本ではあまりブラウンにはなじみがありませんが、これは街や国で大きく特徴が分かれます。
イギリスロンドンのような金融都市では、ほとんどの人がグレーかネイビーを着用しています。サヴィルローでも、ネイビーとグレーのスーツが基本です。
対してイタリアやスペインなど、ラテン系の人たちは好んでブラウンやベージュなどの「アースカラー」を選びます。
これには街の色が関係していると言われており、日本やロンドン、ニューヨークなどの大きな都市はコンクリートジャングルで、町全体がグレー系のダークトーンで抑えられています。
南ヨーロッパの場合、地面は土で建物も茶系統で、町全体がアースカラーで形成されています。街が人を作るとはまさにこのことだと思います。
軽井沢など自然の多い場所に行く際は、グレーやネイビーよりも、より自然色に近い色、グリーンやベージュなどの方がイメージに沿うでしょう。このように、街に合わせて洋服を選んでいくというのはとても愉しいです。


ネイビー・グレー、この2色の中ですと、日本ではネイビーの支持率が高いと思います。それは、ネイビーという色がグレーに比べ、華やかな雰囲気があるからでしょう。グレーは色味自体が落ち着いているため、その人自身の魅力が必要です。よい年の重ね方をされた人が着るグレーは、なんとも言えない魅力があります。
グレーの中でも、ライトグレーやミディアムグレーは比較的若い方でも着られますので、ぜひ挑戦してみてください。

余談ですが、1957年のアメリカ映画で、「灰色の服を着た男(Man in the Gray Flannel Suit)」という作品があります。アメリカの出版社に勤めている主役の「グレゴリー・ペック」が、同期より昇進が遅れて困っていたとき、ある上司が、「ブルックス・ブラザーズに行って、グレーのフランネル生地(毛羽立った紡毛生地)のスーツを注文してきなさい」とアドヴァイスをしました。グレゴリー・ペックがそのアドヴァイスに従った結果、どんどん出世していく、という物語です。それ以来、「Man in the Gray Flannel Suit」という言葉は、米国企業の将来を期待される幹部候補という意味になったそうです。

このようにグレーという色は、相手に安心感や説得力、重厚感を与える魅力のある色です。対してネイビーは、誠実さや若々しさなど、明るい印象をもたせます。 

次ページ → わたしが天然素材にこだわる理由

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です