バルモラル(内羽根)

バルモラルは腰革が爪先革の内側に縫いつけられていて、履き口が下方で開かずに、両方の腰革が真ん中でぴったりと合う形になったものをさします。その形から「内羽根式」と呼ばれております。

スコットランドの「バルモラル城」に由来した名称で、ビクトリア女王の夫君アルバート公が、1853年に考案した形といわれています。公が王室御用達の靴屋に作らせ、その靴を履き、スコットランドの別荘であるバルモラル城でリゾートを愉しまれたことから、内羽根式の靴をバルモラルと呼ぶようになりました。
履き口の可動域が外羽根に比べ狭く、より精度の高いフィッティングが必要とされることから、貴族階級の中で好まれて履かれていた靴です。
英国的でクラシックな風格を感じさせるもので、英国ではこの形の靴のみをオックスフォード・シューズとよび、外羽根式のブルーチャー型は「ダービーシューズ(Derby shoes)
」と呼んでいます。

IMG_4443
<内羽根靴(ストレートチップ)>

英国では、ダークトーンのスーツの足元にはバルモラルのストレートチップを、ツイードなどのカントリースタイルには茶のスウェードのウイングチップを合わせるというスタイルが、伝統のようになっています。
内羽根靴はクラシックなスリーピース・スーツとの相性はいいのですが、カジュアルなジャケパンスタイルにはあまり合わせない方がいいでしょう。

次ページ → スリップオン(Slip-on)

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です