Super 〇〇’sとは

IMG_1717
<Super130’sの表記>

最近よく聞く機会が増えた「Super ○○’s」という文字。この数字が大きければ大きいほど、糸が細く、繊細な生地になります。

“スーパーウール”という表示は、1970年代に英国の紡績メーカーの「ラム社」によって始まったものです。その後、「ミル(生地メーカー)」や「マーチャント(生地商社)」によってさまざまなスーパー表示が乱立していきました。そのため、2000年に「IWTO(国際羊毛繊維機構)」によって世界共通の基準が設定されました。実は最近の出来事なのです。

 これによって“スーパーウール”は、繊維の細さが19,5ミクロンの「Super80’s」から、13,0ミクロン(人間の髪の毛の6分の1程度)の「Super210’s」まで14段階に区別されるようになりました。ちなみに1ミクロンは1/1000mmという細さ。「Super120’s」は17,5ミクロンという細さです。ここまでくると言葉だけでは理解しがたい世界まできてしまいますが、Superの数字が上がれば上がるほど糸は細くなり、高級感が出ます。しかしその反面、生地は繊細になり耐久性はなくなっていきます。

持論ですが、このSuperの数字を上げる必要性は、日常的に着用するスーツであればほとんどないと思っています。これは1970年以降の生地メーカーが、「我が工場はより細い糸で生地を作れる」という技術競争をし続けた結果なのです。日常でSuper200のスーツは着る必要はないと思います。普段使いするのでしたら、高くても120,130くらいで十分でしょう。
業界の方は意外と、Super100前後
の生地を着ています。

シャツでも同じことが言えますが、100番双以上の生地は、シャツにとって必要である耐久性が乏しくなっていきます。永く着たいようでしたら、技術者の競争に参加する必要はないでしょう。

次ページ → 裏地は背抜きか総裏か

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です