靴は笑う

靴の履き方で、その人となりがわかると言われます。
かかとが異様にすり減ってしまっていたり、互いの靴がぶつかり、靴の内側が擦れている方など。足先までしっかりと気を行き届かせることができている人なのか。見る人は、そこを1つの判断基準にしています。

また、紐をしっかりとほどかずに脱ぎ履きを繰り返すと、靴の履き口が広がってしまいます。これを、「靴が笑っている」といいます。

IMG_2160

履き口が広がり、笑っているように見えることからそう呼ばれます。これは、履き口が靴の脱着の際に負担がかかり、伸びてしまうことによって起こります。

脱ぎ履きをする文化である日本において、革靴は面倒なアイテムです。しかしそこで手を抜き、紐を結んだまま脱着を繰り返していると、履き口が広がってしまい、しっかりと紐を結んだとしても、締まりのない足元になってしまいます。
紐の結ぶ作業が面倒なあまり、靴をあえて1,2サイズ大きめの物を買う方も多いでしょう。

綺麗に履かれている靴は、綺麗な卵型をしています。この購入したときの綺麗なシルエットを守ることが、革靴を永く履く秘訣です。
一度伸びてしまった革を元に戻すのは、不可能ではありませんが簡単ではありません。

もしその日1日は靴の脱ぎ履きが多く、面倒だと思う日がありましたら、紐がないスリップオンの靴にするといいでしょう。ダブルモンクストラップや、サイドエラスティックなどは、スリップオンですがスーツにも対応できる便利なデザインです。

最終的には、玄関先で靴の紐を結ぶ、ほどく。別れ際の挨拶をゆっくり交わす。その所作も面倒くさがらずに、1秒1秒愉しめる人になれるのが理想だとわたしは思います。

次ページ → ロングホーズ

 

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です