あなたに似合う物はあなたが決められる

「わたしは〇〇色が似合わない」という話をよく聞きます。わたしは、人に似合わない色はないと思っております。

たとえば、グレーのスーツをだれよりもかっこよく着こなしたければ、365日グレーのスーツを着て、「自分が最も似合う色はグレーだ」と確信すればいいのです。同じように、ボウタイ(蝶ネクタイ)を自然に着けられる人になりたければ、毎日ボウタイを結んでいけばいいのです。
洋服がまわりの人たちにあたえる影響はとても大きく、早ければ数ヶ月で「○○と言えばあなた」というイメージが確立されるでしょう。

有名な話ですが、かの大英帝国を第二次世界大戦で勝利に導いた「サー・ウィンストン・チャーチル」は、自らの装いを徹底することで、いい影響をもたらすことを熟知していた人間のひとりでした。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%ab
彼は毎日、
スリーピース・スーツにホンブルグハットをかぶり、必ずネイビーに白のピンドット柄のボウタイをしていました。そのイメージを確立することで、ネイビーに白のピンドット柄のボウタイを見ると、彼を真っ先に思い出す英国人が未だにいるのです。

歴代の米国大統領が演説のとき決まってするコーディネイトが、ネイビーのツーピース・スーツにホワイトシャツ、そして真っ赤なタイという組み合わせです。これはアメリカの国旗を連想させる色合わせであり、視覚的に自らの主張や力強さをアピールするコーディネイトなのです。
これを見ている人が多いからか、大事なプレゼンのときは真っ赤なネクタイを着けて挑むという話をよく耳にします。分かりやすい方法ではありますが、個性や面白みに欠けるような気もします。これからの長い年月、自らのスタイルを新たに築きあげていくことも、今後の長い人生で考えてみてもよいのではないでしょうか。

そこまで考えてみると、西洋の上流階級の人たちはなぜあそこまで装いに神経をはりめぐらせているのか、わからなくもありません。彼らからしてみれば、「カッコいい服を着てモテたい」という感情よりも先に、「自分という人間を指し示す洋服を着こなせる男になりたい」という、男性としての理想を追い求めているのでしょう。

面白いことに、彼らはわたしたち日本人と違い、レディと一緒に買い物に行き、アドヴァイスをもらうようなことは決してしないそうです。そして、その行為が男性にとって失礼にあたるということも、女性はわかっています。なぜなら、フォーマルは男の戦場であるからこそ、女性にはどんなネクタイを着けていけばよいのかなど想像できるわけもないからです。
反対に、日本の男性は買い物をすべてパートナーに任せている人が多くいらっしゃいます。そのため、落ち着いた重厚感のあるスーツではなく、女性好みの華やかで軽快なスーツが街にあふれてしまっているのです。日本の元首相で、モード調の細いラペルで、光沢のあるスーツを着用し、女性からプレゼントでいただいたかのような可愛らしいネクタイを結んでいる方がいました。日本のトップがそのような格好をしていたのでは、威厳も感じられません。

もし、今時の女の子にモテたいということが目的でしたら、巷にある雑誌を読みあさればヒントはたくさんあります。しかし、男性として品格を高める装いを教えることができる場所は、そう簡単には見つからないでしょう。
ネクタイの結び方ひとつをとっても、スーツの選び方にしてもそうです。過度なアクセサリーや凝ったデザインは、ルールを知らない者だと捉えられてしまいます。

次ページ → 全体像を見る

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です