自らの流儀を持つ

「洋服」は字の如く、西洋からわたってきた服です。日本には歴史のある和装がありましたが、世界標準が洋装になったことを機に、大きなハンディキャップを背負った状態で世界とたたかわなくてはいけなくなりました。
そもそも洋装自体、西洋人より似合うはずがありません。これは日本の国技は日本人が強いのと同じことです(悲しいことに、最近はそうでもなくなってきましたね)。

西洋人は我々よりも、肩幅が広く、上背もあり、胸板が厚い、そのうえ手も足も長い。こういったスタイルを持ち合わせた民族が作った服がスーツです。それに対して、顔が大きく、肩幅が狭い。そのうえ上背も低く、全体のスタイルも劣る日本人が、西洋人が着ているような服を同じように着ても、かっこよく着こなせるはずがないのです。

日本人が似合う雰囲気、色柄はあります。ただそれがわからず、真似事をしているだけでは同じ土俵には立てません。外国人モデルばかりが出ている雑誌は流し見する程度で十分でしょう。雑誌を見る時間よりも大切なのは、自分の顔、全身を見つめ、自分に似合うスタイルをじっくりと探していくことです。

英国王室御用達のビスポーク(オーダー)シャツメーカーで、「Turnbull & Asser(ターンブル&アッサー)」 というブランドがあります。そこのシャツは柄がとても派手で、シャツ以外にもタイや他の衣服も作っていますが、どれも柄が強いものばかりです。日本人にはとても着こなすのが難しいと思えてしまう物が多いのですが、なぜか英国の人たちはそれらを自然と着こなしてしまいます。これは恰幅と顔立ちの問題が大いにあるでしょう。静かなる国民である日本人には、無地で無口に物語る服が性に合っているのかもしれません。

今でもたまに見かけますが、スーツに和を用いるのは御法度です。「日本独自のスーツスタイルを,,,」と耳に優しいうたい文句ですが、洋に和を織り交ぜるのは業界ではとても難儀で、ナンセンスとされています。未だかつて、その組み合わせに挑戦し、大きな評価を得たブランドはなかったと思います。和洋折衷はとても難しく、知識や人格など、あらゆるものを兼ね備えた人がやることで、初めて評価をされるものだと思ってください。

和服の似合う外国人や、日本語を悠長に話せる外国人が日本人から賞賛されるように、洋服をたくみに着こなせる日本人であれば、世界中どこに行っても賞賛されるようになるでしょう。

アーティストやモデル、芸能人が着ているきらびやかな衣装は、一見するとかっこよく見えます。そういう洋服を着たくなる気持ちはわかりますが、アーティストや芸能界は、人々に夢をあたえる仕事です。そのため、必要以上に派手でスタイルの強いきらびやかな衣装を着てTVやステージの前に立ちます。モデルや芸能人が着ているものと、わたしたちが日常的に着るものはまったく別物だと捉えてください。
服に一人歩きされないよう、自分の等身大を意識した服選びを心がけましょう。

次ページ → 洒落者は演者

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です