ネクタイの起源

英国ではネクタイをタイ(tie)とよぶのが一般的です。アメリカではネック・ウェア(neck wear)、ネック・クロース(neck cloth)と呼び、日本で言うネクタイは、ネック(顎)のまわりに巻くタイというところからきています。
フランスでは「クラヴァット」と呼び、はじまりは17
世紀までさかのぼります。
当時、フランス王国で太陽王と呼ばれたルイ14世の警護にやってきたクロアチアの騎兵隊らが、首に白い布切れを巻きつけており、それを見た王が大変気に入り同じ物を作らせたそうです。それをきっかけに宮廷で流行するようになったという説が、有力であるといわれています。
クロアチア(Croatia)はフランス語でクロアット(Croate)と表現し、これがなまりクラヴァットとよばれるようになりました。
その当時、兵士のお守りとして妻や恋人が贈るという習慣があり、クロアチアの兵士たちはそれを忠実に守っていたと考えられています。

Louis_XIV_of_France

当時は結び巻くスタイルであったクラヴァットですが、その後英国の社交界へと渡り、アスコット式へと変わっていきました。そして現代のような結び下げ式へ変わっていったのは、1850年代にダブルカラー(現代の折り襟)式のシャツが生まれたことによって出回るようになりました。
その頃のスーツスタイルは上着のボタン位置が非常に高く、結び目以外の見える部分はわずかでした。そのため、1860
年は、「ボウタイ(蝶ネクタイ)」の原形である「パフ・タイ」が使われることが多くなったのです。
1900年代に入り、少しずつ装いも現代的になってきます。そして現代の大剣と小剣がある「フォア・イン・ハンド」式のタイが確立したのは、1920年代頃だと言われています。

余談ですが、日本にはじめてネクタイを伝えたのはジョン万次郎で、1851年(嘉永4年)、アメリカから「白鹿襟飾三個」を持ち帰ったことが最初とされています。

(※)フォア・イン・ハンドという名称は、その当時英国で主流であった4頭立ての馬車「フォア・イン・ハンド・キャリージ」にちなんでつけられたと言われています。

次ページ → Vゾーンの方程式

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です