ほんの少し緊張感を持つ

外見の装いを変えることで、周りの見る目は一朝一夕でガラッと変わります。そしてその瞬間から、今までの自分よりも少し気丈にふるまわなければいけない、という”いい”緊張感がうまれます。行くお店も話し方も、歩き方も自然と変わっていくものです。

そもそも、人間は楽をしようと思えば際限なくできる生き物です。日曜日の昼下がりにソファでくつろいでいれば、数十センチ先のリモコンをとることすら面倒になる生き物です。

スーツをより美しく着こなすことのコツは、楽をすることと正反対のことをしてください。それは「少し我慢して着る」ということです。

スーツというのはそもそもそういう物だと思います。スーツを着ている数時間は、肉体も精神も、少しの緊張感をもち続けている。くつろぎたければ、スーツを脱ぎ、家着に着替えてから思いっきりくつろげばいいのです。ソファに寄りかかりたいけど、スーツにしわが付くからいやだなぁっというように、多少の緊張感をもちながら、気高く振る舞いましょう。それがいつの間にか、自分自身の在り方が磨かれていくことになります。

次ページ → 姿勢で決まる

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です