ネクタイの種類

IMG_4605

米大統領風の着こなしを参考にしているのか、シンプルなネイビーのスーツに、原色の強い色味のタイ(多くは赤)をする方を見かけます。こういったコーディネートは営業などでは役に立つかもしれませんが、おしゃれとは縁遠いコーディネイトだと思います。
洒落者はタイに華度な色を求めず、中間色を選びます。光の当たり加減で美しい陰影が浮かび上がる、控えめだけど上質な生地のタイが理想です。

柄は「レジメンタル(斜めのストライプ柄)」、「無地」、「小紋(小さな模様がドットのように並んでいる柄)」、「ドット」、「総柄」などが代表的でしょう。

 

IMG_1750<レジメンタルタイ>

レジメンタルタイの歴史は、16世紀の英国連隊旗の柄がはじまりです。この旗の柄が首に巻かれるようになったのは、19世紀末頃からとなります。このレジメンタル柄は国、州、海兵隊、軍隊、大学etc…によって、派生した団体がそれぞれの柄を持っており、そのタイを結んでいれば、どこに属している者かがわかるようにと作られた物です。
歴史を紐解けば何千種類とありますが、ルーツを知らずに着けていると極まれに恥ずかしい思いをすることもあります。とある昔、ロンドンを訪れた日本人が黒字に黄色のストライプのタイを締めていったとき、現地の方に、「オックスフォード大学の出身か」と訪ねられたという笑い話があります。

ブレイザーのようなアイビー・スタイルとは相性がよく、カジュアルでトラッドなアイテムなので、昔から愛されてきている柄です。
もしおしゃれなレジメンタルタイをお探しでしたら、細いピッチで何色も取り入れている柄ではなく、上の写真のような、広めのピッチで、2色か3色の同系色でまとめているレジメンタルタイのほうが素敵です。ぜひ、探されてみてください。

 

IMG_1755<小紋タイ>

わたしは、クラシックなスリーピース・スーツには、知性と品の良さがにじみ出る小紋タイをオススメしています。
日本ではあまり美しい小紋柄は見かけませんが、ヨーロッパでは当たり前のように着けられています。残念なことに日本で見かけたとしても、なぜか日本製のものは色や柄がどことなく野暮ったいものが多く、心に響くものが多くありません。小紋タイは、ロンドンストライプなどのストライプシャツに合わせても、品よくはまってくれるのが魅力です。
どちらかといいますと、ツーピースよりはスリーピースの方が、Vゾーンが華やかになりより魅力的に見える柄です。
理想的には、ツーピースとスリーピースでは、タイの選び方も変えるほうがいいのです。

 

IMG_1749<ドットタイ>

ドット柄は点が大きければ大きいほどカジュアルで、小さい(ピンドット)ほどフォーマル度が高くなります。 祝いの場で活躍するのは、やはりシルバーグレーのピンドットタイでしょう。

 

IMG_1760<ソリッドタイ>

モダンでスタイリッシュな印象を醸し出すのは無地のタイです。何色かベーシックな物を揃えておくと、タイ選びに困ったときに役立ってくれます。ダークネイビーのソリッドタイは、本当に何にでも合います。ぜひ1本持っておくことをオススメします。

次ページ → タイの結び方

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です