日本人が似合うシャツ

日本では総人口みな白シャツを着るという文化が根付いており、職種によっては、白シャツ以外は着ることができないという仕事場がいまだにあると聞きます。

様々な意見がありますが、実は白シャツは、あまり黄色人種には似合わないといわれております。これは、肌の色とシャツの色のコントラストが関係しているのです。
白人の人は肌が白く、白シャツとのコントラストも弱いため、違和感がありません。しかしわたしたち黄色人種や、より肌の色のはっきりとした黒人は、白シャツを着ると、肌の色とシャツとのコントラストが強く、シャツが浮いて見えてしまうのです。黒人がピンクやイエローなどのカラーシャツを格好よく着ているのを見たことがあるかと思います。彼らは白よりもカラーシャツの方が肌の色に合うため、違和感が出ず、格好良く着こなすことができるのです。肌の色が濃ければ濃いほど、色味のあるカラーシャツの方が似合うようになります。

黒と白という2色はとても強く、すべての色を取り込んでしまう色のため、コーディネートのバランスを崩してしまいかねません。世界的に見ても、洒落者はブルーのシャツを着ることが多いです。
しかし、あらゆるスタイルを経験した熟年の男性の、「シャツは白の無地しか着ない」という意志は、それらを超越した格好良さがあります。極論、その人が似合うと思い切り、その人が最も力が沸くものを選ぶ、それが一番なのです。

次ページ → カフスの歴史

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です