アームホールパラドックス

スーツにしてもそうですが、腕を回しやすくするために、アームホールは大きいほうがゆとりが大きく動かしやすいと思われている方が多いです。しかしこれは反対で、アームホールは狭ければ狭いほうが動かしやすく、かつ綺麗なシルエットが生まれます。

この理屈を一番おわかりいただけるのが、前ボタンを止めたときに腕を上げやすいかどうかです。アームホールが狭ければ、可動域が広くなるので動かしやすいのですが、広ければ胸回りの部分もつられて上がってきてしまいます。同様にスーツも、アームホールはなるべく小さめのほうが着心地がいいのです。既製服は多くの人のニーズを満たすために作られているので、アームホールは広く、カフス周りも広く作られています。スーツよりも肌により近いシャツのほうが、オーダーメイドの実感は沸きやすいかもしれません。

次ページ → 日本人が似合うシャツ

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です