襟先の行方は

シャツの襟先にも長さの関係性があります。シャツの襟先の長さが「1」であるとすると、ネクタイのノット(結び目)は、「2/3」が理想的な長さです。これも方程式ですが、感覚で覚える程度で十分です。
クラシックな襟先は、スーツのV
ゾーンにしっかりと襟先が隠れる長さです。長さで言いますと、”8.0〜9.0cm”程です。襟先がVゾーンの中にあらわになっているシャツは、カジュアル仕様のシャツか、デザイン性が強いシャツなので、ビジネスの場ではあまり着用しない方がいいでしょう。

 

IMG_5096 - コピー
シャツの後ろ襟と、スーツの襟のバランスも方程式があります。スーツの後ろ襟から1.5cm(約指一本分)ほど、シャツの襟が出ているのが理想的とされています。襟だけが出過ぎているのはみっともなく、同様に全く出ていないのも美しくありません。正しいバランスを覚えるのが何よりの近道です。

次ページ → アームホールパラドックス

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です