スリーピース/ツーピースのサイジング

スリーピースとツーピースでは、トラウザーズのサイジングは少し変えるのが理想です。ツーピースのほうがカジュアルでスポーティな印象を与えるため、全体的にスリーピースよりスタイリッシュに仕上げます。

スラックス丈

生地やスタイルによって異なるのをあらかじめ承知の上で書きますが、スリーピースの場合、パンツ丈は靴にワンクッション乗るくらい(靴の上でトラウザーズに“く”の字が出る程度)が理想です。ツーピースの場合はノークッションで仕上げるとスポーティな印象が出ます。
ツーピースの方が、わたり(
お尻の下)部分から裾幅にかけて若干細めに仕上げ、全体的にスタイリッシュな仕上がりにするのがベターです。
スリーピースはよりクラシックに、ツーピースはややモダンに傾倒するようなイメージでお考えください。股上もスリーピースに比べ、ツーピースは浅め(
低め)の物を選んでもいいでしょう。ベルトを用いる場合は、細く薄く、真鍮(しんちゅう)の金具を使用した装飾性の少ないシンプルな物を選ぶことをオススメします。
昨今 流行っている丈はかなり短いため、なるべく避けたほうがいいと思います。自然に立った状態で靴下が見える丈では、短すぎます。

よく足が短いと仰られる方がいますが、そういった方こそ股上の深いトラウザーズを履くことを勧めます。自らの短所をわざわざ表面化する必要はないでしょう。正しいスーツの着方やサイジングを学べば、その短所を活かし、長所に変えることができるのです。

次ページ → ウエストコート(ベスト)

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

◆HP :    http://berun.jp/
◆FB :    Facebook
◆Blog : 伊達男日和 -Dandyizm Life-
◆Tel :   03-3235-2225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です